Papers and Technical reports Go to: English version
| Top|研究内容|研究業績|著作物|授業科目|所属学会|

査読付き論文

査読付き国際会議論文 / International Conference

全国大会 / Annual Conference,
技術報告 / Technical Reports

2020年度(令和2年度)


2019年度(令和1年度)


2018年度(平成30年度)


2017年度(平成29年度)


2016年度(平成28年度)


2015年度(平成27年度)


2014年度(平成26年度)


2013年度(平成25年度)


2012年度(平成24年度)


2011年度(平成23年度)


2010年度(平成22年度)

  • 川村正樹, 上江洌達也, 岡田真人,
    "レプリカ法による電子透かしモデルのRS解," 日本物理学会 第66回年次大会, Vol.66, Issue 1, Part 2, 新潟大学(新潟), p.340, 2011-03-28


2009年度(平成21年度)


2008年度(平成20年度)

  • 川村正樹, 仙田和丈, 玉井悠揮, 岡田真人
    "元画像を考慮した電子透かしの復号法," 日本物理学会 第64回年次大会, 東京, Vol.64, Issue 1, Part 2, pp.346, 2009-03

  • 仙田和丈, 川村正樹,
    "スペクトル拡散を用いた電子透かしの復号性能の評価,"
    第5回マルチメディア情報ハイディング研究会 研究会資料, 仙台, pp.53-58, 2008-11

  • 玉井悠揮, 川村正樹,
    "JPEG画像に対する多重化した電子透かしの埋め込み法,"
    第5回マルチメディア情報ハイディング研究会 研究会資料, 仙台, pp.47-52, 2008-11

  • 藤井大地, 大和田暁, 川村正樹,
    "多値CDMA方式におけるQ値整合フィルタ法,"
    電子情報通信学会技術報告(ワイドバンドシステム研究会), Vol.108, No.231, pp.69-74, 2008-10 [IEICE]

  • 川村正樹,
    "有限オートマトンに従う想起をする連想記憶モデル,"
    日本神経回路学会 第18回全国大会 講演論文集, つくば, pp.102-103 2008-09 (査読付き論文)

  • 玉井 悠揮, 川村正樹,
    "JPEG画像に対する多重化した電子透かしの評価,"
    第7回情報科学技術フォーラム (FIT2008), 神奈川, 第3分冊, pp.355-356, 2008-09

  • 川村正樹,
    "拡散符号を用いた多重埋め込み法と統計力学による解析,"
    第4回マルチメディア情報ハイディング研究会, 福岡, pp.25-30, 2008-07


2007年度(平成19年度)

  • 川村正樹,
    "電子透かしにおける情報統計力学,"
    日本物理学会 第63回年次大会, 大阪, Vol.63, Issue 1, Part2, pp.306, 2008-03

  • 藤井 大地, 川村正樹,
    "多値CDMA復調における整合フィルタ法の有効性,"
    電気・情報関連学会中国支部第58回連合大会, 広島, pp.41-42, 2007-10

  • 佐藤 圭悟, 川村正樹,
    "ユーザの判断を利用した二次検索法の検討,"
    電気・情報関連学会中国支部第58回連合大会, 広島, pp.388-389, 2007-10 情報処理学会 中国支部 奨励賞


2006年度(平成18年度)

  • 川村正樹, 片平健太郎, 岡田真人,
    "相関ノイズによるアトラクタ間の遷移における非単調素子の効果,"
    日本物理学会 2007年春季大会, 鹿児島, Vol.62, Issue 1, Part2, pp.298, 2007-03

  • 片平健太郎,川村正樹,岡ノ谷一夫,岡田真人,
    "相関ノイズによる連想記憶モデルの分岐を含む系列の想起,"
    日本物理学会2007年春季大会, 鹿児島, Vol.62, Issue 1, Part2, pp.319, 2007-03

  • 片平健太郎,川村正樹,岡ノ谷一夫,岡田真人,
    "共通入力による連想記憶モデルの分岐を含む系列の想起,"
    信学技報 (ニューロコン ピューティング研究会), 106, No.501, NC2006-102, pp.11-16, 2007-01 [IEICE]

  • 松尾大道, 川村正樹,
    " 振動子ネットワークにおける共通入力によるアトラクタ間の遷移,"
    日本神経回路学会 第16回全国大会 講演論文集, 名古屋, pp.206-207, 2006-09 (査読付き論文)


2005年度(平成17年度)

  • 川村正樹, 岡田真人,
    "非単調CDMAのSCSNAによる解析,"
    日本物理学会 第61回年次大会, 松山, Vol.61, Issue 1, Part2, pp.335, 2006-03

  • 武富弘哲, 川村正樹,
    "CDMAの復調ダイナミクスとビット誤り率の関係,"
    信学技報 (ニューロコンピューティング研究会), 東京, 105, No.659, NC2005-163, pp.73-78, 2006-03 [IEICE]

  • 荒木聡, 川村正樹,
    "非単調系列想起モデルの確率密度表現とクロストークノイズの正規性,"
    信学技報 (ニューロコンピューティング研究会), 東京, 105, No.659, NC2005-173, pp.131-136, 2006-03 [IEICE]

  • 荒木聡, 川村正樹,
    "系列想起型連想記憶モデルにおける内部状態の確率密度関数,"
    日本神経回路学会 第15回全国大会 講演論文集, 鹿児島, pp.174-175, 2005-09

  • 石川成子, 川村正樹,
    "連想記憶モデルにおける計算機シミュレーションからの分岐図構成,"
    日本神経回路学会 第15回全国大会 講演論文集, 鹿児島, pp.172-173, 2005-09

  • 石川成子, 川村正樹,
    "自己想起型連想記憶モデルにおける分岐図の構成,"
    第18回 回路とシステム軽井沢ワークショップ, 長野, pp.355-360, 2005-04


2004年度(平成16年度)


2003年度(平成15年度)


2002年度(平成14年度)

  • 安永幸司, 川村正樹,
    "連想記憶モデルの秘密分散法への応用,"
    信学技報 (情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会), 三重, IT2002, 102, No.741, pp.25-30 2003-03 [IEICE]

  • 川村正樹, 安永幸司,
    "連想記憶モデルを用いた(k,n)しきい値秘密分散法,"
    電気・情報関連学会中国支部第53回連合大会, 島根, pp.442-443, 2002-10

  • 川村正樹, 徳永隆治, 岡田 真人,
    " フラストレーション誘因カオスと有限温度効果",
    日本物理学会 2002年秋季大会, 愛知, Vol. 57, Issue 2, Part 2, pp.220, 2002-09

  • 川村正樹, 徳永隆治, 岡田 真人,
    "非単調系列連想記憶モデルにおけるカオス,"
    第15回 回路とシステムワークショップ, 軽井沢, 191-196, 2002-04 (査読付き論文, 採択率84/94) 奨励賞受賞


2001年度(平成13年度)

  • 内野英治, 畔津忠博, 川村正樹,
    "時変シナプス結合強度を持つパルスニューロン",
    第10回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集, pp.316-317, 2001-12

  • 川村正樹, 徳永隆治, 岡田 真人,
    " ニューラルネットワークにおけるフラストレーションにより誘引される カオス",
    日本神経回路学会 第11回全国大会論文集, 奈良, 27-28, 2001-09 (査読付き論文)

  • 川村正樹, 徳永隆治, 岡田 真人,
    " 非単調系列連想記憶モデルのカオス現象の解析",
    日本物理学会 2001年秋季大会, 徳島, Vol. 56, Issue 2, Part 2, pp.240, 2001-09

  • 内野英治, 畔津忠博, 川村正樹,
    "パルスニューロンを用いた多次元パルスパターンの識別",
    第17回ファジィシステムシンポジウム (FSS2001), pp.73-74, 千葉, 2001-09


2000年度(平成12年度)


1998年度(平成10年度)


1997年度(平成9年度)


1996年度(平成8年度)


1995年度(平成7年度)


1994年度(平成6年度)

セミナー/講演等


Last modified: Mon Mar 5 17:06:54 JST 2012